塗装の出来ないスレート瓦 有限会社アマノ建装



こんにちは、今日は塗装の出来ない(塗装してはいけない)屋根について書きます。

コロニアルとかカラーベストと良く呼ばれる平板スレート瓦ですが、発がん性の有るアスベストが入っているので2000年前後に製造販売を中止しました。現在のスレートには入ってません。ノンアスベスト材と呼ばれる屋根材です。

アスベスト(石綿)が含有されていた時代の物は強度も有り、塗装が出来るスレートも多かったのですが、アスベストの使用を止めた初期のノンアスベスト屋根材は強度が以前より低く10年程度で割れや剥離を起こすものが多くなっております。
blog19042401.JPG

クボタのザルフです。コロニアルより上位品で、厚みがあります。
見た目は塗装出来そうですが、塗装すると湿気の関係で割れが多くなり悪化します。

築10年で施工メーカーが亀裂補修をして、今回18年で塗装を希望していたのですが、層間剥離や亀裂予備軍が無数に有りますので塗装は難しいでしょう。

歩くと新たな亀裂や割れ、角が欠損したり粉々に崩れるので知識の無い人を屋根に上がらせるのは危険です。アンテナ工事で割れてしまった報告が御座います。

10年目の亀裂処理は変性シリコンコーキングで補修して有りましたが、スレートは半分重ねて葺いてあります。目に見えない重なり下側のスレートは割れていても補修できません。(出来る工法は有りますが)間違った補修の仕方では縁切りが不十分になって雨漏りを引き起こす事もあるので注意が必要です。

10年経ったら知識の有る人に点検してもらいましょう。屋根に上がって歩くだけで割れてしまう屋根は少なく有りません。今回のような屋根はドローンで点検するのはとても有効です。

************************************************************************************************
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
『お住まいの屋根・外壁塗装、外装リフォーム』のご相談は、
 東京都練馬区の住宅塗装リフォーム・改修工事専門店

 有限会社アマノ建装
 電話 0120-936-569 

 ファックス03-3976-3673 メールinfo@amano-k.jp
 ホームページはこちら → https://www.amano-k.jp
 フェイスブックページはこちら → http://www.facebook.com/amanokensou
ご質問、ご相談は私、代表の天野がお受けします。お気軽にご連絡ください。


代表天野の
あまけんBLOG

  • 塗装の出来ないスレート瓦2 有限会社アマノ建装

  • こんにちは、今回も塗装の出来ない(塗装してはいけない)屋根についてです。前回でも触れましたが、アスベストの使用を止めた初期のノンアスベスト屋根材は強度が以前より低く10年程度で割れや
    >>詳しく見る
外壁塗装を練馬区周辺でするならアマノ建装へ!施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 はじめに
  • 外壁塗装を練馬区周辺でするならアマノ建装へ!施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 外壁屋根ビデオ診断
  • アマノ建装|外壁塗装を練馬区でするなら 雨漏り診断
WB多彩仕上工法はじめました!
  • カラーシミュレーション
  • LINEでのお見積もり診断にも対応