ご相談・お見積もりのご依頼はこちらから

0120-936-569 [営業時間]8:00~20:00 [定休日]年中無休
リフォームに関することならどんなことでもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちらから ネットで3分!概算お見積もりはこちらから
blog

シリコン塗料が外壁塗装で人気No1の理由 | メリット&おすすめメーカー紹介

  • その他


外壁塗装の話を進めていくと必ず塗料を選ぶことになります。その際、第一候補として挙がるのが人気No.1のシリコン塗料です。

「自宅の外壁にシリコンはどういった所がよいのか?」などお悩みではありませんか?

外壁塗装に使われるシリコン塗料の特徴メリットとデメリット相場価格耐用年数の違いおすすめのメーカーと製品もあわせてご紹介します。


外壁塗装でよく採用されるフッ素塗料との比較もありますので。

ぜひ、最後までご覧ください。


シリコン塗料を外壁塗装で使う理由


シリコン塗料は、外壁塗装において最もスタンダードで人気の高い塗料です。

価格と耐候性・汚れにくい等の性質を合わせ持っているので、コストパフォーマンスが良いことが人気の理由です。

塗装店やリフォーム店に外壁塗装の見積りを依頼すると、たくさん塗料を提案してくれますが、標準の塗料として必ずシリコン塗料が入っています。

それでは、外壁塗装の中でも人気の高い、シリコン塗料のメリットとデメリットを解説します。


シリコン塗料のメリット

シリコン塗料のメリット

防汚性・耐久性で長持ち!

シリコン塗料には、セラミック成分も配合されています。
シリコンで塗装した外壁や屋根は、汚れがつきにくく、断熱・遮熱性を上げてくれます

外壁塗装の工事が終わっても美しさを保ってくれます。防汚性が高いので、汚れてしまってもキレイに落とせるので安心です。


コストパフォーマンスが抜群

シリコン塗料よりもお値打ちなアクリル塗料やウレタン塗料がありますが、今後、2回3回と外壁塗装することを考えると、トータルで安く抑えることもできます。

理由として、塗料以外の「諸経費・人件費・足場設置代」は、毎回必ずかかってしまいます

これらの工事費は、回数に関係なく割引されることはありません。

耐用年数の長いシリコン塗料を採用することで、外壁塗装の回数を減らし、諸経費・人件費・足場設置代を節約できます

結果的にトータルコストの削減ができることになります。


シリコン塗料の耐久年数と価格



耐久年数 目安:7年〜15年

価格 目安:2,300〜3,500円/㎡


カラーバリエーションが豊富!イメージチェンジ!

シリコン塗料は大変人気のため、各塗料メーカーが力を入れてきました。
そのため、シリコン塗料は他の塗料よりもカラーバリエーションが豊富です。

思い通りの色を組み合わせて、イメージチェンジができます。


屋根・付帯部分もシリコン塗料なら1回で可能

シリコン塗料はとても使い勝手がよく、外壁以外の屋根・付帯部分(雨樋・破風・雨戸・ベランダなど)も家全体をシリコン塗料で塗る事ができます

この屋根・付帯部分に、ワンランク耐久性の低いウレタン塗料を提案されることがあります。

伸びが良いので職人さんにとって塗りやすい面もあります。
ですが、ここで安易に外壁と違う塗料を選んでしまうと劣化具合に差がでてしまいます


外壁と一緒のシリコン塗料にしておけば、劣化スピードが同じになるので、次回の外壁塗装を一緒に行えます。

結果的に、足場を組んだり補修したりする必要がなくなります。



シリコン塗料のデメリット


他の塗料よりも、ヒビ割れしやすい

シリコン塗料は塗膜部分が硬く、剥がれにくいというメリットがあります。
ウレタンなどの塗料に比べると弾性が低いのがネックになります。


例えば地震で外壁がヒビ割れした場合には追従ができず、シリコンの塗膜も一緒に割れてしまうことが多いです。


重ね塗りには不向き

重ね塗りをする際、塗料を弾く性質がシリコン塗料にはあります。
10年後に再び外壁塗装をしたら、塗膜の密着性が悪くなってしまう可能性があります。

シリコン塗料との相性が良い「下地材」を使用することで、キレイに塗装できますのでご安心ください。


定番だけに種類が多すぎて選べない

シリコンは塗料メーカーにとっても売れ筋商品。
性能もグレードもとにかく種類が多いため、家にあった塗料が選べるというメリットはありますが、ご自身ではどれを選べばよいのか 迷ってしまいます。

ご紹介したデメリットはシリコンの特性や外壁の種類・状態と、今後の外壁塗装のことをトータルで考えれば心配ありません。

ご不明点、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

このような方に、シリコン塗料がおすすめ!

このような方に、シリコン塗料をおすすめします!

先ほどのメリットとデメリットをまとめ、「シリコン塗料のチェックシート」を作成してみました。ぜひ、ご覧ください。

 

① コストパフォーマンスを重視させたい方

シリコン塗料は十分な耐久年数があり、防汚性もあり優れた塗料です。

価格・相場、耐久年数のバランスが非常に良いので十分にメリットを得られます。
初めて外壁塗装をされる方にも おすすめします。

 

② 光沢・ツヤ感のある外壁がお好みの方

光沢感やツヤのある性質は、新築のような美観をキープしてくれます。

また、シリコン塗料の豊富なカラーバリエーションで、お好みの外観にイメージチェンジしたい方におすすめです。

 

③ 塗装する建物に10年以上住む予定がある方

シリコン塗料は、耐久年数が最大7~15年と長持ちします。
次回の塗装時期を考えると、これから長くお住まいになる家であることが理想と言えます。

 

あなたは、いくつ当てはまりましたか?

1つ以上チェックがある方は、シリコン塗料を候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

「今の外壁の状態は、本当にシリコン塗料が妥当なのか?
フッ素塗料と比べてどうなの?

といった疑問がある際は、実際に環境や現状を把握する必要があります。

そのような時は、些細な疑問、質問でも構いません。

現地調査・ご相談・お見積は無料ですので、アマノ建装にお気軽にご相談ください。

 

フッ素・ラジカルとシリコン塗料を比較!

他のフッ素・ラジカルとシリコンを比較!

シリコン塗料の費用や耐久性は、他の塗料と比べるとどのくらい差があるのでしょうか?

こちらでは、ラジカル塗料やフッ素塗料で塗装した場合との、施工単価や耐用年数の違いについて比較してみます。


ラジカル塗料とは?

外壁の表面が劣化・退化してしまうチョーキング現象(触るとチョークのように白い粉が付く)を抑えるため発売された新しい塗料になります。


シリコン塗料の人気を追い越す勢いがあるラジカル塗料。

値段は少し高めですが、高機能な外壁にしたい方にはおすすめです。
ラジカル塗料は、酸化チタンと光安定剤(HALS)が含まれている塗料のことをいいます。

劣化に強い塗料で「ラジカル制御型塗料」とも呼ばれていています。

その耐久性と価格から、定番人気のシリコン塗料の追い抜く勢いのある注目度ランキング1位の外壁塗料になります。


ラジカル塗料のメリット

チョーキングが起こりにくい

チョーキングが起こりにくい

外壁に触れると手にチョークの粉のようなものが付着する「チョーキング(白亜化)」は、外壁の塗膜劣化現象の一つです。

経年劣化によって、塗膜に含まれる白色顔料(酸化チタン)が外壁の表面に粉状に浮き出てしまうのが、「チョーキング現象」です。

このため、白や淡色で塗装された外装では、白色顔料の劣化が進みチョーキング現象が発生しやすい傾向があります。

チョーキング現象が起きてしまった外壁は、塗り替えを行わなくてはいけません

「ラジカル塗料」はこのようなチョーキング現象の発生を抑えるために開発されているため、耐久力が高いのです。


コストパフォーマンスが高い

ラジカル塗料はシリコンと比較すると高いですが、他の高耐久塗料と比較すると価格は安く
、高性能であることからコストパフォーマンスが非常に高い
塗料です。

なぜなら、塗料に含まれる樹脂は、一般的な物と変わらないからです。


比較 種類・施工単価(㎡)・耐用年数

比較 種類・施工単価(㎡)・耐用年数

シリコン塗料の価格
目安:7年〜15年 目安:2,300〜3,500円/㎡


ラジカル塗料の価格
目安:8年〜16年 目安:2,200〜4,000円/㎡


防汚・防カビ性

ラジカル塗料は、藻やカビが付きにくいのも特徴の1つです。
日光の当たらない北側や湿気が溜まりやすい外壁にもおすすめです。

また親水性にも優れているため、ホコリや汚れも付きにくく、雨だれによる汚れも抑えます


塗装時の光沢が持続

汚れに強くなった外壁は、光沢の持ちが良くなる点でも大きなメリットです。

光沢やツヤの調整は可能ですが、汚れにくく長持ちする外壁にしたい場合には、ツヤ有り塗料の光沢をなるべく落とさず、塗装してもらうことをおすすめします。


下地(壁)と相性が良い

ほとんどの戸建の外壁に使えるのもラジカル塗料の良さです。
サイディング・モルタル・コンクリート・木部など壁素材に対して塗装することができます。


伸びが良いので塗りやすい

塗料の伸びがよく、塗りやすいので、ラジカル塗料は多くの職人に好評です。
使いやすさと塗装作業がスムーズに!外壁塗装時の失敗やミスも軽減されるでしょう。


ラジカル塗料のデメリット


濃い色にできない場合がある

ラジカル塗料の主成分である「高耐候酸化チタン」は、白色顔料です。

黒色・紺色などの濃い色を選べないことがあります

白色顔料を含まない濃色の塗料は、チョーキング現象は発生が少ない特長があります。

黒色・紺色など落ち着いたカラーの外壁塗装を希望される方は、ラジカル塗料にこだわらなくても良いでしょう。


実は耐用年数の効果・実績がわからない

ラジカル塗料は2012年に発売され、やっと普及してきた最新塗料です。
歴史が浅いので、最長耐用年数とされる16年経過した家はありません

現時点では、ラジカル塗料の実力を施工年数で証明する外壁塗装店・リフォーム店は存在しないとも言えます。



フッ素塗料とは?



フッ素塗料は、東京スカイツリーに使用されるほどの耐久性の高い塗料です。

高層ビルなどで使用されてきましたが、最近は戸建住宅の外壁塗装でも使用されるようになりました。

外壁塗装での評判も良く、汚れにくく、防水性も兼ね備えた高機能な塗料です。
外壁塗装の定番シリコンと比較すると価格はかなり高めなのが難点です。



フッ素塗料のメリット

防汚性・耐久性で外壁を長持ちに!

シリコンと比べて耐用年数が長く、塗り替え頻度を少なくすることができます

塗装の寿命が長いので、1回の外壁塗装費用は高くなっても、長期的には外壁にかかる費用の削減につながります。

今後もキレイに長く住み続けたいとお考えであれば、1回あたりの外壁塗装のコストが「高い」というデメリットもカバーできます。


光沢感で新築の様な外壁に!

フッ素塗料のもう1つの特長として光沢感が出せることです。
ツヤ感が出せると新築のような真新しい家になります。



フッ素塗料のデメリット

外壁塗装の費用が高くなる

外壁塗装の塗料の中でも費用が高いことが大きなデメリットの1つです。

外壁塗料の定番であるシリコン塗料の1.6倍ほど高くなってしまいます。

価格の比較

シリコン塗料
7年〜15年 目安:2,300〜3,500円/㎡
フッ素塗料
12年〜20年 目安:3,500〜4,800円/㎡



重ね塗りには不向き

フッ素の特徴「汚れを寄せつけない」効果があるため、
塗りなおしや2回目以降の塗料の密着を妨げてしまうことがあります

そのため、次回外壁に塗装する際は業者さんにしっかり説明をした上で、密着性が高くなる下塗り塗料で施工してもらう必要があります

フッ素塗料はメリットがある反面、費用・施工面・補修面でのデメリットがあります。

また、外壁塗装店が自信を持っておすすめできるか?職人さんの腕は確かか?など、シリコンと比べると実積面で不安が残るのもデメリットの1つになります。

 



価格で比較されるウレタン塗料について


外壁塗装におけるウレタン塗料とは?

他のシリコン塗料やフッ素塗料の普及のため、近年使われなくなってしまいました。

理由は「紫外線に弱く、耐久性が低い」ことがあげられます。



ウレタン塗料のメリット

密着性や柔軟性にも優れており、コンクリートやモルタルなど、ヒビ割れしやすい外壁におすすめです。

下地部分にヒビ割れが生じても塗膜まで影響せず、水漏れを防ぐ効果が期待できます。

ヒビ割れがしにくく傷に強いことから、下地に影響が少ないためメンテナンスがしやすいです。

その点では、シリコン塗料よりウレタン塗料の方が優位といえます。

ヒビ割れが起きやすく、塗り替えを頻繁に行う場合はウレタン塗料の方が向いていると言えます。



ウレタン塗料のデメリット

何回も外壁塗装をしなくてはいけない

1回当たりの塗装費用が多少安価でも、メンテナンス間隔は短くなってしまう分、施工の回数が増えます。

長い目で見ると高くついてしまう可能性が高くなります。


長期スパンで考えると割高になることも

ウレタン塗装の耐久性は低く、長持ちとは言えないことです。
「足場を組んでしっかり塗装したのに、もう塗り替え!?」となってしまいます。

外壁や屋根の塗装は、塗料費よりも人件費や足場設置代、下地処理などに多くの費用がかかります

この費用は例え安価な塗料を選んだとしても、大幅に下げることはできません。
外壁塗装費を20年〜30年で考えると、コストパフォーマンスが良いのは「耐久年数が高い塗料」になります。

シリコン塗料の種類とメーカー選び方

シリコン塗料の種類とメーカー選び方

シリコンの含有率とは?

シリコン塗料を製造する際、アクリルとシリコンを混合して出荷されているのですが「シリコンの含有率」を決める規定がありません。

外壁塗装の現場で使われているシリコン塗料の含有率は、低いもので20%以下ほど、高いもので40~65%とかなりの幅があります

 

含有率が高い▶︎防汚性や耐久性があり、高価

含有率が低い▶︎機能性が低下で、安価

ほとんどのメーカーカタログや公式サイトには、シリコン含有率が表記されてません。

なにも知らずにシリコン塗料を選んでしまうと、勝手にシリコン含有率が低い塗料で高額な塗装をされてしまいます。

必ずお見積りの際は、確認することをおすすめします。


練馬区のアマノ建装 おすすめメーカー2社を紹介

今回アマノ建装がおすすめするメーカーは大手メーカーの塗料と比べると知名度が低いですが、非常に性能の高い塗料を開発・販売しています。

大手塗料メーカーの場合、商品の販促費や問屋が入る関係上、どうしても価格が高くなってしまう傾向にあります。今回紹介する塗料はそのような問屋が入らないため、性能の高い塗料を比較的安価で使用することができます。


KFケミカル

KFケミカルは、1951年に東京にて創業した塗料メーカーです。無機塗料・フッ素塗料のパイオニア的存在で、業界内では知る人ぞ知る塗料メーカーになります。

フッ素樹脂と無機成分を合わせた無機フッ素塗料といった、高耐久、高耐候性の最高級塗料の研究開発を専門的に行っており、耐久年数の長さが強みであるメーカーとなっています。

2014年、2015年、2016年の3年間連続で、UVコートシリーズの使用実績が中国・四国エリアにて第1位であったという輝かしい実績もあります。

外壁用の塗料のほか、屋根用、防水材、断熱塗料やコーティング剤など対応する用途の豊富さも強みです。


アステック・ペイント

アステック・ペイントは2000年に福岡で創業した塗料メーカーです。

日本よりも紫外線が5倍近く強いオーストラリアにおいてシェアNo.1を誇るアステックペイントオーストラリアの日本総合代理店で、2019・2020・2021年度の3年連続で建築用遮熱塗料メーカーシェア第1位を獲得しています。

環境に配慮した水性塗料を中心に、高耐候性塗料や超耐久防水塗料など建物の寿命を延ばす性能を持つ塗料を多く開発・販売しています。

 

まとめ

今回は、外壁塗装の中でも定番のシリコン塗料についてお伝えしました。いかがでしたでしょうか?

シリコン塗料は性能・価格のバランスがよく、コストパフォーマンスも高い、人気の外壁塗料です。


このような方に、シリコン塗料をおすすめします!

● コストパフォーマンスを重視させたい方
● 光沢・ツヤ感のある外壁がお好みの方
● 塗装する建物に10年以上住む予定がある方

こちらのチェックシートで、1つ以上チェックがある方は、シリコン塗料がおすすめです。

また、ページ内では耐久年数のあるフッ素塗料と、注目度の高いラジカル塗料との比較をしてみました。

実際3種類の候補が上がると、専門知識が必要になりますので、なかなか外壁塗装のお話が決められないケースがあります。


お見積もり現地調査は無料です

シリコン塗料についてわからないことや知りたいこと、価格や相場など、どんな小さなことでも構いません。

ぜひアマノ建装にお気軽にご相談ください。

施工実績やサンプルをお見せしながら適格な塗料選び失敗しない外壁塗装についてお話しさせていただきます。

お申し込みは、ホームページまたは、お電話でも受け付けております。


最後に、今回の記事が、外壁塗装の情報収集している方や塗料選びをされている方にとって、参考になれば幸いです。

ありがとうございました。