ご相談・お見積もりのご依頼はこちらから

0120-936-569 [営業時間]8:00~20:00 [定休日]年中無休
リフォームに関することならどんなことでもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちらから ネットで3分!概算お見積もりはこちらから
豊島区南長崎 A様邸 外壁屋根塗装リフォーム事例

外壁屋根の塗装で足場代も節約、美観と耐久性もバッチリの美しい仕上がりとなりました。

外壁屋根塗装リフォーム事例

現地調査に伺うと、外壁はもちろんスレート屋根の塗装剥がれなども確認できました。
今回の塗装リフォームでは、外壁は高耐久と美観を併せ持つアステックペイントのシリコン塗料を、また屋根は亀裂や剥離部分の強化と耐久性確保、遮熱性能を併せ持つアステックペイントの「スーパーシャネツサーモSi」での塗装をご提案させていただきました。

ほかアンテナ線で潰れてしまっていた軒樋の修理の実施、毎日の施工内容を詳細にご説明することでA様には安心していただくことができました。

Overview

リフォーム全体の概要

工期 2週間ほど
施工箇所 外壁、屋根、付帯部
施工内容 外壁塗装、屋根塗装、付帯部塗装
使用商材 外壁塗料: アステックペイント シリコンフレックス(シリコン樹脂塗料)
屋根塗料: アステックペイント スーパーシャネツサーモSi(ラジカル制御型シリコン樹脂屋根用遮熱塗料)
SUMMARY

この施工事例の他の部位

VOICE

お客様の声

外壁などの経年劣化が気になっています。これまでハウスメーカーに依頼していますが満足な結果を得られてないので依頼させていただきました。

価格に見合った施工をしていただきたいです(A様より)

施工前

こちらが施工前の外観お写真です。築年が経つことでの色褪せが起きていました。

こちらが施工前の外観お写真です。築年が経つことでの色褪せが起きていました。

外壁には経年による塗膜の劣化、一部ヒビ割れも見受けられる状態でした。

外壁には経年による塗膜の劣化、一部ヒビ割れも見受けられる状態でした。

鉄部はサビや塗装剥がれが目立ちます。放置がされると見栄えだけではなく、耐久性にも不安が出てきます。

鉄部はサビや塗装剥がれが目立ちます。放置がされると見栄えだけではなく、耐久性にも不安が出てきます。

調査したところスレート瓦の縁切りが不十分なようでしたので、しっかりとタスペーサーを入れ縁切りを施したうえで塗装を行っていきます。

調査したところスレート瓦の縁切りが不十分なようでしたので、しっかりとタスペーサーを入れ縁切りを施したうえで塗装を行っていきます。

施工中

施工に移っていきます。足場仮設後にはビニールで養生したうえで、高圧洗浄にて、ていねいに汚れを落としていきます。

施工に移っていきます。 足場仮設後にはビニールで養生したうえで、高圧洗浄にて、ていねいに汚れを落としていきます。

塀や付帯部、玄関なども同様、経年で蓄積された汚れをしっかりと落とします。

塀や付帯部、玄関なども同様、経年で蓄積された汚れをしっかりと落とします。

雨風の影響を受け、コケや藻などが発生している屋根は、トルネードノズルに交換して高圧洗浄をしていきます。

雨風の影響を受け、コケや藻などが発生している屋根は、トルネードノズルに交換して高圧洗浄をしていきます。

屋根の棟板金部分にはサビ止めを塗布していくため、素地調整の役割を果たすケレン掛けを行います。

屋根の棟板金部分にはサビ止めを塗布していくため、素地調整の役割を果たすケレン掛けを行います。

ケレン掛け後にはサビ止めを棟板金にていねいに塗布していきます。その後防水シーリング材を充填し、雨漏り対策を万全に行っていきます。

ケレン掛け後にはサビ止めを棟板金にていねいに塗布していきます。その後防水シーリング材を充填し、雨漏り対策を万全に行っていきます。

スレート瓦は経年劣化により割れが起きていましたので、塗装前に修復を行います。

スレート瓦は経年劣化により割れが起きていましたので、塗装前に修復を行います。

割れたスレート屋根材をきれいに修復し、決して雨漏りすることのない状態に仕上げてから塗装を行います。

割れたスレート屋根材をきれいに修復し、決して雨漏りすることのない状態に仕上げてから塗装を行います。

ここからは塗装工程に移っていきます。まずは外壁下塗りを行います。

ここからは塗装工程に移っていきます。まずは外壁下塗りを行います。

軒天なども手塗でていねいに下塗りを行いました。

軒天なども手塗でていねいに下塗りを行いました。

中塗り工程の様子です。下塗りと中塗りをていねいに行うことが、きれいな塗膜を作っていくうえで非常に重要になります。

中塗り工程の様子です。 下塗りと中塗りをていねいに行うことが、きれいな塗膜を作っていくうえで非常に重要になります。

上塗りは中塗り塗料の色味を敢えて変えることで、塗り残しがなく分かりやすい作業を行えます。

上塗りは中塗り塗料の色味を敢えて変えることで、塗り残しがなく分かりやすい作業を行えます。

外壁同様、屋根も下塗り作業を行っていきます。

外壁同様、屋根も下塗り作業を行っていきます。

下塗り後にはスレート瓦の重ね目に挿し込んで隙間を確保し雨漏りを防止する「タスペーサー」と呼ばれる縁切り部材を挿し込みます。

下塗り後にはスレート瓦の重ね目に挿し込んで隙間を確保し雨漏りを防止する「タスペーサー」と呼ばれる縁切り部材を挿し込みます。

タスペーサー取り付け後に、中塗り工程を行っていきます。

タスペーサー取り付け後に、中塗り工程を行っていきます。

最後に上塗り工程、アステックペイントの遮熱塗料「スーパーシャネツサーモSi」にて最終仕上げを行いました。

最後に上塗り工程、アステックペイントの遮熱塗料「スーパーシャネツサーモSi」にて最終仕上げを行いました。

施工前の屋根は縁切りが不十分でしたが、しっかりと縁切り部材を取り付けたうえで塗装を行いましたので安心な屋根へと塗り替えられていきます。

施工前の屋根は縁切りが不十分でしたが、しっかりと縁切り部材を取り付けたうえで塗装を行いましたので安心な屋根へと塗り替えられていきます。

上塗り後には最終調整で手作業にて縁切りを行いました。こういった細かなひと手間が、長く住みよく暮らしていただくうえで重要となります。

上塗り後には最終調整で手作業にて縁切りを行いました。こういった細かなひと手間が、長く住みよく暮らしていただくうえで重要となります。

付帯部の塗装もぬかりなく行います。雨戸はケレン掛けを行い塗料の付着を良くしたうえでひと塗りひと塗りていねいに塗っていきます。

付帯部の塗装もぬかりなく行います。雨戸はケレン掛けを行い塗料の付着を良くしたうえでひと塗りひと塗りていねいに塗っていきます。

雨樋も同様に塗装を行いました。

雨樋も同様に塗装を行いました。

塗装剥がれが顕著だったベランダ鉄部にもサビ止めを塗布したのちに塗り替えを行います。

塗装剥がれが顕著だったベランダ鉄部にもサビ止めを塗布したのちに塗り替えを行います。

細部までこだわり抜き、納得の仕上がりとなった塗装リフォームがいよいよ完了しました。

細部までこだわり抜き、納得の仕上がりとなった塗装リフォームがいよいよ完了しました。

施工後

こちらが施工後のお写真です。施工前と見比べると、見違えるようにきれいに塗り替えがされました。

こちらが施工後のお写真です。 施工前と見比べると、見違えるようにきれいに塗り替えがされました。

今回はアステックペイントのシリコンフレックスを用いて塗装を行っております。高耐候性・低汚染性等の特徴を持っておりますので、塗り替え時の美観が長期間保たれます。

今回はアステックペイントのシリコンフレックスを用いて塗装を行っております。 高耐候性・低汚染性等の特徴を持っておりますので、塗り替え時の美観が長期間保たれます。

外壁はもちろん、雨戸もこの通り美しく塗装がされております。

外壁はもちろん、雨戸もこの通り美しく塗装がされております。

ベランダのポリカ屋根もピカピカな仕上がりに生まれ変わりました。

ベランダのポリカ屋根もピカピカな仕上がりに生まれ変わりました。

屋根はアステックペイントの遮熱塗料「スーパーシャネツサーモSi」で塗り替えを行っています。屋根の割れをていねいに補修したうえで塗装することで、長期間安心な屋根へリフォームが完了しました。

屋根はアステックペイントの遮熱塗料「スーパーシャネツサーモSi」で塗り替えを行っています。屋根の割れをていねいに補修したうえで塗装することで、長期間安心な屋根へリフォームが完了しました。

タスペーサーを挿入し十分に縁切りをしておりますので、屋根の劣化を軽減がされることでしょう。A様、この度はご依頼をいただきましてありがとうございました。

タスペーサーを挿入し十分に縁切りをしておりますので、屋根の劣化を軽減がされることでしょう。 A様、この度はご依頼をいただきましてありがとうございました。